Admin   Newentry   Upload   Allarchives

TeCh-fabrication-

模型とか、ロボコンとか、ものづくり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

M570を修理してみた 

DSC02920.jpg
Logicoolのトラックボールマウス M570
値段の割にしっかりとした作りで、5ボタン。ユーザは右利きに限定されてしまいますが、トラックボール入門機としては優秀な製品です。私もずいぶん前に購入してから、すっかりM570の操作性の良さに魅了されてしまい、今ではトラックボールが手放せなくなりました(ただしFPSプレイ時は除く)。
そんなM570ですが、ここ数週間チャタリングがひどくなってきました。
チャタリングってなんぞや?って人のために一応

チャタリング (chattering) とは、可動接点などが接触状態になる際に、微細な非常に速い機械的振動を起こす現象のことである。原義は、そのような振動により音を立てる(chatter)という意味から。特に、弱電を扱うスイッチやリレーが接続状態になる時に起こるその現象を指す。また離れる時もきれいに一回で離れるとは限らない。またそれによって発生する不安定な信号や、それによって引き起こされる電子機器の現象(特に、誤動作)なども指すことがある。(Wikipediaより)

マウスに関して簡単に言っちゃえば、ワンクリックしただけなのに勝手にダブルクリックになっちゃう、っていう故障です。
ウィンドウとか動かそうと思っても毎回最大化されてしまったりするので、割りとイライラするトラブルですね。
マウスやキーボードは消耗品なので、仕方ない新しいのを買おうと思ってAmazonのM570のページを見てみると、adafad.png
……ん!?
は、8k超え...!?
おかしい、だって私のM570は2.5k程度で買ったはず...
もう少し調べてみると、どうやら去年の夏にM570tという後継機にマイナーチェンジして、単に生産終了してしまっただけみたいでした。
しかし、
dfadfasdfasd.png
なんとそのM570tもこの値段
PCの入力デバイスに関しては消耗品と割りきって使っているのですが、それにしてもこの出費は痛い。
ということで、思い切って修理してみることにしました。
修理に関しては続きから


値上げしてしまったものの、名機であることには変わりありません。
トラックボールに興味を持った、持っている人は是非!

修理に必要なものは以下の4つです。
・精密ドライバー
・はんだごて
・はんだ吸い取り線 or はんだ吸取器(割りとしっかりはんだ付けされているので、普段はんだごてに触り慣れていない人は、はんだ吸い取り線を推奨します)
・交換用マイクロスイッチ(これについては後述します)

DSC02901_20140222171730b9e.jpg
まずは裏面のすべり止めをペリペリ剥がします。
どうでもいいですが、私はこの時勢い余って一枚なくしました。
ボールの受け皿のあるところ以外には低頭ネジが隠れています。これらと、あとは電池ボックスの中にあるネジを外しましょう。
ネジの頭は一般的なプラス、マイナスではありませんが(おそらく知識のないユーザが手を加えることを防止するためですね)、小さめのマイナスドライバー等で回せます。
この時、大きめのモノや無理な力をかけるとなめてしまうので注意
測ってませんが、多分M2くらいの大きさです
DSC02902.jpg
外すとこんな感じ。レシーバが刺しっぱですね(
まあ作業には関係ないのでどんどん行きます。基板にも数カ所ネジ止めされているので外しましょう。このネジはプラスネジです。大きさは同じくM2くらい。次回分解する時のことも考えて、修理が終わったらこのプラスネジを外装に、基板固定用のネジは先ほどの特殊ネジに変えときましょう
DSC02909.jpg
チラッと使用されているマイクロスイッチを確認
オムロンのD2FC-F-7Nです。
DSC02910.jpg
D2FC-F-7Nは一般向けには販売されてないみたいなので(Amazonで販売されてますが、”Amazon販売”ではないです)、互換機のD2F-01Fを使うことになります。もっとも、D2FC-F-7NがD2F-01Fの互換機という立ち位置みたいですが
とりあえずアキバで同D2F形のD2F-Fを購入
メーカーサイトを見ると定格が違う程度なので問題ないでしょう
DSC02911.jpg
早速スイッチを外していきます
はんだ付けされたパーツを外した経験がなくて手こずっているは、以下のようにするといいかも
1.一度少しだけはんだを流す
2.全体が溶けるまで慣らす
3.吸い取り線を当てる
(4.全部吸い取られなかったら、吸い取り線を当てつつはんだを少し流す)
無理に引っ張って抜こうとするのは、両面スルーホールなので危なっかしいです。
落ち着いてケガをしないように外しましょう
DSC02912.jpg
外すとこんな感じ。
それでは交換用のスイッチを取り付けましょう
ここは特筆することもない、普通のはんだ付けです。
スイッチの向きだけは注意してください。可動部が上です。
DSC02919.jpg
取り付け後はこんな感じ。
あとは先述したようにネジを選んで組み立てましょう。
お疲れ様でした。

チャタリングに関してはだいたいこれで直るのでは?
以上です
スポンサーサイト

Category: 雑談

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://soredemomamoritai.blog88.fc2.com/tb.php/515-f7bf3c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。