Admin   Newentry   Upload   Allarchives

TeCh-fabrication-

模型とか、ロボコンとか、ものづくり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

機動戦士ガンダムZX 

どうも!
12話Bパートです。
「そろそろそろ健たちもサイド4につくころかな?」
ここは大日本帝国軍、デトロン級。通称「デト」のブリッジ。
先回りした僕達はこの船と合流してからサイド4のナノドライヴを奪取するということになっていた。
来週、冷暦2008年12月23日2200時に新型ナノドライヴ搭載機、三機目の「ZX」の起動実験がある。
それを奇襲するのだ。
「はい。ですが先ほどほかの勢力に奇襲を仕掛けられたとの情報がありました。里海大尉。」
「ローズ、健はどうだった?手ごたえとかは」
「いえ、まだまだ未熟なようです。機体についていけていませんでしたし、なにより体を掌握された」
「それは僕だって一緒だよ。僕は今でもゼクサスに乗ると口調や、性格までもが変わってしまう。」
これはなぜだかわからないと開発者や関係者は言っていた。多分まだ僕自身あの機体をコントロールできていないんだろう。
「それじゃ、よろしくね。」
早く万全にしないと、健にはすぐ追いつかれる。


「健!急げ!」
12月16日。1430時。俺達はナノドライヴを狙う、「第3勢力」の奇襲にあっていた。
「本作戦ではゼクスは使用しない。井口健少尉には、デガンで出撃するように!」
艦長命令。たしかに上手く乗りこなせない、相手が狙っている機体で出撃するのはまずいかもしれない。
ではラウはどうしよう。俺は先にゼクスの方へ向かった。
「システム起動、パイロット認証、井口健。」
ーやあ、どうしたんだい?-
「奇襲にあってる。今回はゼクスで出られないけど、ラウのサポートは入れるか?」
今の俺はラウのサポートあってこそだ。心細い。
ーわかった。君の乗るMSとリンクするー
「ありがとう!感謝するよ!」
俺はゼクスのコクピッットから出ると、「早く来い!」と聞こえる方向へ走っていった。


「・・!やっぱり、ゼクスとはぜんぜん違う・・!」
戦闘開始10分。
敵はイーゲルの派生機4機。
ブースターがカスタムされてて、なかなか攻撃があたらない。
それに、初めての実弾兵装。コクピットが同じでも扱いには慣れていない。
「こん、ちくしょおおおおおお!」
俺は4機を同時ロックし、弾を撃ちまくるかつ、ミサイルを発射していく。
とにかく、今は集中だ。



続く!
スポンサーサイト

Category: 機動戦士ガンダムZX(ゼクス)

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://soredemomamoritai.blog88.fc2.com/tb.php/163-2f3e470e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。