Admin   Newentry   Upload   Allarchives

TeCh-fabrication-

模型とか、ロボコンとか、ものづくり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

機動戦士ガンダムZX 

どうも!
久しぶりの小説です。
12話Aパートです。
「健、いますか?」
眼鏡をかけた、スッキリとした体形の少年。ついさっき被災者たちの行動の制限が解除された。
戦闘も終わり、レーダーにも異常がないため、艦長が考慮したのだろう。
「健なら多分格納庫のほうにいるから・・・そうだな、今から案内するよ。」
「はい!ありがとうございます!」
友達か。あいつも、学生だしな。

「はあ、はあ。これで・・・終わり?」
ーそうだよ。お疲れー
「ホントだよ・・・」
シュミレーションをはじめてから、一時間以上たった。
撃墜数は120。多いんだか、少ないのかわからないが、手ごたえはあった。
またシュミレーションをやるのもなと思い、コクピットから出たら
「民間人は入らないで!」
という声がした。
声の方向を見ると、脱出してきた人たちが並んで個室へ向かっている。
「みんな・・・いる・・・かな?」
俺は先回りして、友達がいないか探しに行った。
・・・・・のはいいが、また道に迷ってしまった。
携帯に取り込んでおいた、船の地図をみながら個室へ向かう。
そうしていたら
「健!健!」
という聞いたことのある声がした。
「・・・・!一人(かずひと)!!」
富山一人。同じクラスで、俺や、蓮といつもいっしょにいる。かなりのインドア派なのに、運動神経がバツグンだ。
「よかった!無事だったんだな!」
蓮以外の友人と話すのは久しぶりな気がする。
といっても、2~3日しかたっていないが・・・
「里海はどうした?いっしょにいただろ?」
・・・・
蓮はあのテロリストの一味だったなんて言えない。
なんて答えればいいんだろう。こいつに、一人にこの現実は厳しいのではないか?
「里海はけっこうデカイ怪我してるから、今は治療中だ。」
後ろから現れたジェロルさんが言う。
(ナイス!ジェロルさん!)
(おうよ!とにかく誤魔化すぞ!)
俺がアイコンタクトする。
いつこんな技を習得していたのだろうか・・・?
アイコンコンタクトなんて、初めてできたのだが・・・
「あ、そうなんですか?じゃ、見舞いにでも・・・!」
気ぃ使いすぎなんだよーーー!!
おまっいつもそこまで友達心配したりしてたかーーー!?
「ほ、本人が面会謝絶しているんだよ・・・ちゃんと治したいって・・・・」
ジェロルさんが汗をダラダラ流しながら話す。
「ふ~ん、そうですか。」
よかった。話が変わる。
「じゃ、なんで健がMSの格納庫いたり、俺たちと違うブロックの部屋なんですか?」
「そ、それは・・・・・・・」
ヤバイ。マジでばれる。
「・・・じゃ、俺はこれで!!!」
ジェロルさんが走っていく。
(ゴメンっ後は自分で処理して)
逃げたーーーーー!!!
「あ、いっちゃった。で、なんでだよ?健!」
「お、俺も・・・用事・・・ある・から・・・!!!」
俺もダッシュする。
この場合、ダッッッッシュくらいの方があっているかもしれない。
こんなときでも、俺は蓮のことが頭から離れなかった。
それは、いつも過ごしている俺、一人のほかに、蓮が抜けているから余計離れなかったのかもしれない。


続く!
スポンサーサイト

Category: 機動戦士ガンダムZX(ゼクス)

TB: 0  /  CM: 2

top △

この記事に対するコメント

× 一見

○ 一味

#- | URL | 2010/01/12 10:33 * edit *

Re: タイトルなし

>名無しさん

指摘、ありがとうございます!
直しときます。

akira #- | URL | 2010/01/12 20:57 * edit *

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://soredemomamoritai.blog88.fc2.com/tb.php/155-a73a3370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。