Admin   Newentry   Upload   Allarchives

TeCh-fabrication-

模型とか、ロボコンとか、ものづくり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

機動戦士ガンダムZX 

どうも!
8話Bパートです!
追記にて
「健には、彼が相手しているんだよね?」
里海蓮が、執事に聞く。
「はい。里海様。そろそろ戦闘が始まったと思います」
その返事を聞き、「ふふっ」と里海蓮が笑う。
「健がもし彼、ローズに勝てなかったらそれまで。僕も楽しめない・・・・・か。」
そうして何かを決めたのか服を整える。
「よし決めた。ゼクサスの用意を!それと一個小隊の準備も頼むよ」
「はい」と執事が答えると、里海蓮は部屋を去っていった。


「ローズ・・マクス?」
なんだこいつは。いきなり通信してきて名乗りやがった。というのが感想だが、どうやらマジの相手らしい。ローズの機体はバラのような赤で染められている。「美しい」といってもいい。
「ふふふ、この私の機体に惚れたか!ならばその手でその熱き愛を見せてくれ!」
とローズがブーストをかけてくる。
「ぐっ」
今でも十分キツかったがさらに機体に衝撃がくる。
「なんなんだよ!アンタ!」
俺はローズに通信する。
「おお!君がその機体のパイロットか!ん?子供?なぜ子供が?」
「子供子供うっせー!このお面野郎!」
俺は思いっきりブーストをかけ、相手を押し倒す。
「ほう子供のわりにはできるようだな。」
バチン!
とお互いの機体ははじけあい、いったん離れる。
「よし!今なら!」
俺はフィンドラグーンを射出する。
「ドラグーン、コンバットモード!」
フィンドラグーンの先端が赤く光る。そしてローズの機体に突っ込む。
バーン!
と爆発が起こる。
「やったか・・・・・!?」
なんとあの攻撃をかわし、右腕の損傷だけですんでいた。
コンバットモードには大量のエネルギーを消費するためドラグーンはいったんゼクスに戻る。
「ふふふふ、ははははは!この機体も、なのだよ!」
「ちい!」
早く戻ってくれ!ギルさん!




続く!
スポンサーサイト

Category: 機動戦士ガンダムZX(ゼクス)

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://soredemomamoritai.blog88.fc2.com/tb.php/118-01edc5a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。